公開情報

豊田理化学研究所の役員・評議員、事業の予算・決算等の情報を公開いたします。
・公開情報  

研究不正の防止

取組み内容の詳細は、下記をご覧ください。
(1) 公的研究費の不正使用防止  
(2) 研究活動における不正行為防止
 

豊田研究報告

豊田理研フェロー、スカラーの研究実績、特定課題研究の活動実績等を記載しています
・豊田研究報告 一覧  

**********************************************************************************************************************************

フェロー募集案内

平成29年度フェロー募集は、終了いたしました。

フェロー募集

平成29年度客員フェロー募集は、終了いたしました。

特定課題研究募集

平成28年度特定課題研究募集は、終了いたしました。

**********************************************************************************************************************************


リンク


   "Dynamics of Electron Vortex and Spin Vortex"   に関する国際ワークショップ のご案内
            ・主催者 : 豊田理化学研究所  西田信彦フェロー
            ・開催日 : 2016年7月1日(金)〜3日(日)
            ・開催場所 : トヨタ産業技術記念館 会議場ホールB
             "詳細はこちら"



 

トピックス

2016/ 6/22
■研究会
「特定課題研究」 研究会のお知らせ
  研究テーマ  : 「非線形エネルギー輸送による新しい物性理論の探求」
     研究代表者 : 大阪大学 大学院工学研究科 土井祐介准教授
      日程:2016年12月 2日(金),  3日(土)
     詳細・参加申し込みは  "こちら"  から
    





2016/ 1/ 1
■お知らせ
所長就任のお知らせ
  2016年1月より、所長に玉尾皓平が就任いたしましたので、お知らせします。
  就任あいさつは こちら をご覧ください


2015/12/ 3
■お知らせ
新所長決定のお知らせ
  2015年12月3日開催の理事会において、 国立研究開発法人 理化学研究所研究顧問
  (同基幹研究所元所長)で、国立大学法人 京都大学名誉教授の玉尾皓平氏 を新所長
  とすることが決定しましたのでお知らせします。 就任は2016年1月1日です。
   詳細は こちら をご覧ください
  




2015/ 9/30
■お知らせ
菅原正客員フェロー(神奈川大学教授)の研究グループによる 「何世代にもわたって細胞分裂できるモデル
人工細胞」 に関する論文が学術雑誌 Nature Communications にHighlight論文として掲載されました。

   タイトル : A recursive vesicle-based model protocell with a primitive model cell cycle
   著者名 : K. Kurihara, Y. Okura, M. Matsuo, T. Toyota, K. Suzuki, T. Sugawara
   掲載誌 : Nature Communications
   掲載日 : 2015年9月29日(オンライン)
          http://dx.doi.org/10.1038/ncomms9352 
   詳細は こちら をご覧ください
       








2015/ 7/ 6
■受賞
竹添秀男客員フェローがプラハでの強誘電性液晶国際会議(6/28-7/3)において、ロシアの液晶学会より
Freederiksz Medalを授与されました。

2015/ 3/18
■受賞
森永正彦フェローが 「第60回日本金属学会賞」 を受賞され、日本金属学会2015春季講演大会で 「分子軌道法による合金設計」 と題して記念講演を実施されました。