豊田理化学研究所
JPEN

海外大学院進学支援

趣旨

科学技術の分野で、海外の大学院において博士号(Ph.D.)取得を目指す国内の日本人学生に対して、その留学を支援することにより、国際的に活躍できる人材の育成を図る

応募対象者

  • 日本国籍を有する者、又は日本への永住を許可されている者
  • 国際科学オリンピック(数学、化学、生物学、物理、情報、地学、地理、等)出場者で現在、国内の大学・大学院に在籍している学生
    ※詳細は募集要項参照

支援内容

  ①海外大学院進学コース ②海外大学院進学準備コース
応募資格
(2019年度)
  • 国内の大学・大学院から海外大学院に進学し、博士号(Ph.D.)取得を目指す者
  • 2020年大学院入学に向け、2019年度内に海外大学院受験を予定している者
  • 将来の海外大学院進学を目指し先行的に調査、準備を行う者
  • 2021年以降に海外大学院進学を予定している者
  • 日本国籍を有する者、又は日本への永住を許可されている者
  • 国際科学オリンピック(数学、化学、生物学、物理、情報、地学、地理、等)出場者で現在、国内の大学・大学院に在籍している学生
  • 応募時点で海外の大学・大学院に在籍している者、博士の学位を有している者、大学・企業等に雇用されている者は募集対象外
支援内容 (1) 入学金、授業料:実費負担
(2) 渡航費、渡航準備金、入学前プログラム費用、保険料等:実費負担
(3) 住居費、生活費、教材費補助として最大30万円/月
(1)~(3)合計で原則800万円/年以内
※上記のほか、大学院入学試験に必要なエッセイ作成等の指導に係わる費用を別途支援
(1) 現地大学事前調査費用:実費負担
(短期留学、滞在費、渡航費、保険料等)
(2) 大学院入学対策費用:実費負担
(語学教室、エッセイ作成指導費用等)
(1)(2)合計で原則100万円以内
当支援は、他奨学金との併願は可能であるが、決定後は国内の他の奨学金との併給は不可とする。ただし、現地でのTeaching Assistant, Research Assistant 就任は推奨する。  
支援期間
  • 採用者が希望大学院に合格した時点から、必要な支援を開始(エッセイ作成指導費用等は採用時点から支援)
  • 志望する大学院に進学が実現しなかった場合は、採用を取り消す
  • 入学後最長2年間(1年経過後、継続審査)
  • 支給開始から1年以内。但し現地大学事前調査は1回
  • 本支援を受けた者が、①海外大学院進学コースを受ける場合は、改めて応募する
  • 大学院受験後、不合格になった場合でも、当財団は支援した費用の返還を求めない
採用予定数 ①②合計で10名以内

応募・選考

  ①海外大学院進学コース ②海外大学院進学準備コース
応募書類
  1. 申請書(履歴書、科学オリンピック実績、志望動機、希望留学先等)
  2. 成績証明書
  3. 推薦・評価書(応募者の活動を具体的に知る方が記入)2通
  4. 語学力スコア表
募集要項・
応募申請書
  • 募集要項
  • 応募申請書
    ①海外大学院進学コース
  • 推薦・評価書

▶ 一括ダウンロード

  • 募集要項
  • 応募申請書
    ②海外大学院進学準備コース
  • 推薦・評価書

▶ 一括ダウンロード

応募期間

2019年4月8日~2019年6月30日(2019年6月30日必着) → 募集は締切りました

選考方法 本財団の選考委員会で書類選考を行い、その合格者に対して面接選考を行う
※応募書類は返却しない。面接のために必要な交通費は支給する

採否の結果は2019年10月31日までに、当財団より本人宛に通知する

問合せ・提出先

〒480-1192 愛知県長久手市横道41-1
公益財団法人 豊田理化学研究所 海外大学院進学支援制度事務局

riken-ryugaku@toyotariken.jp

進捗報告

2019年度より新たに海外大学院進学支援を始めました。
今後、留学生からのレポートを掲載していく予定です。